Perlテックブログ

ITエンジニアの成長意欲を刺激する技術考察、モジュール開発の日記。Perlイベントや国内や海外のPerlの記事の紹介。

「Perlってオワコンかな?」と思ったときに読むコンテンツ 7選

Perlゼミのコンテンツ

Perlゼミのコンテンツ。情報量豊富。最新のPerlの書き方が覚えられる。

Perlプログラミングを学びたい人向けのPerl入門講座です。

Perlはテキスト処理に最適化されたプログラミング言語です。Linuxシステム管理、Web開発という分野でも大活躍。後方互換性、ライブラリの安定性、数多くのOSサポートに定評があります。

テキスト処理と正規表現の利用に最適化された言語

Perlは、テキスト処理と正規表現の書きやすさとパフォーマンスに最適化された言語です。この分野ならPerlは現役。

Unix/Linuxのインフラ言語としての確かな地位

gitやopensslやautoconfやmysqlはたくさんのサーバーにインストールされていますが、これらのインストールするときのツールとしてPerlが利用されています。

gitはソースコード管理システムの新しく便利な方法ですが、gitのインストールにperlが使われていることがご存知でしたか。

優れたオープンソースプロダクトが、Perlを実際に採用しています。

高い後方互換性をサポートする少ない言語

10年以上にわたる長きにわたるサービスは、安定した言語で開発するのも、よい選択肢です。

後方互換性の維持という観点から見ると、二つのタイプにスクリプト言語を分類することができます。後方互換性を維持する方針を持つスクリプト言語後方互換性を維持しない方針を持つスクリプト言語です。

Webサービスにおける低いレイテンシ

非同期I/O + プリフォークというシステムにおいては、低いレイテンシが、高いパフォーマンスを発揮します。

Perlは、リファレンスカウント方式のGCなので、待ち時間の短さに最適されています。

実際のWebサービスのパフォーマンスは?

並列のHTTPアクセスのパフォーマンスを計測したサイトがこちらにあります。

2017年WebフレームワークベンチマークPerl製のMojoliciousは最速のC++の56.6%の速度だ。

3行でWebサイトが書けるMojolicious::Lite

Perl = CGI」という認識は、2018年では、過去のものとなりました。Perlでは、CGI以外の方法を使って、短くWebサイトを作ることができます。

ここまで急ぎ足で解説してきました。では、今回は実際にWebサイトを作成してみましょう。簡単な掲示板を作成してみます。Webサイトにおいて、ユーザーからのデータを登録、登録したデータを読み出して表示します。