Perlテックブログ

ITエンジニアの成長意欲を刺激する技術考察、モジュール開発の日記。Perlイベントや国内や海外のPerlの記事の紹介。

インターフェースのチェックの改善 - SPVM開発日記

SPVMは、インタフェースという機能を持っている。

これは、実装のないメソッドの定義をひとつだけ持てるパッケージです。

package SPVM::Comparator : interface {
  sub compare : int ($self : self, $x1 : object, $x2 : object);
}

オブジェクトの属するクラスが、インターフェースを満たしているかどうか書くには次のように書くのですが、このチェックのロジックを改善したい。

if ($obj isa SPVM::Comparator) {
  
}