Perlテックブログ

ITエンジニアの成長意欲を刺激する技術考察、モジュール開発の日記。Perlイベントや国内や海外のPerlの記事の紹介。

ウィークリファレンス情報を改善して、オブジェクトサイズを小さくする - SPVM開発日記

オブジェクトサイズの最適化をしていく。

現在は、ウィークリファレンスのための、フィールドが、3つある。

「バックリファレンスの配列への参照」「バックリファレンスの長さ」「バックリファレンスのキャパシティ」

弱参照というのは、普段は使わない機能なので、この機能のためだけに、オブジェクトサイズが増えるというのがよくない。

考えているのは、バックリファレンスの配列のデータ構造を、片方向のリンクリストに変えるというもの。

こうすると、参照を持っているかどうかとうことだけで、判定ができるようになるか。