Perlテックブログ

ITエンジニアの成長意欲を刺激する技術考察、モジュール開発の日記。Perlイベントや国内や海外のPerlの記事の紹介。

C言語は安全性ではなく完全にパフォーマンスをとる - SPVM開発日記

C言語の設計は、安全なことではなくって、完全にパフォーマンス。

「もし、プログラマが、間違った引数を渡したら、セグフォールトしますよ。チェックなんてしません。パフォーマンスが落ちるので」

という感じ。

メモリセーフな言語は、セグフォールトを許さないので、間違った引数に対して、必ずチェックをいれないといけない。

この部分があるので、メモリセーフな言語は、C言語にパフォーマンスでは、同等になれない。