RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較です。

顧客にとっては、本当に業務を自動化して効率化できるかということは、大きな関心ごとです。

IT業界では、人手が足りなくなるという不安を利用して、業務効率化の手法が、声高に営業されています。

でも、その方法、本当にユーザー企業様の業務を自動化して効率化できるのでしょうか?

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較してみましょう。

RPAのGUIとPerテキスト処理のCUI

RPAの利点は、GUIを自動化できることです。画面操作を記録させて、それを自動的に実行できる。

でも、これは、RPAの欠点そのものでもあります。

それは、GUIという人間の目や手に対して最適化させたものの上に、自動化処理を、被せているからです。

Perlテキスト処理の欠点は、GUIではないということです。

でも、これは、Perlテキスト処理の利点そのものでもあります。

データや操作をテキストで処理できる形に、シンプルにして、それをPerlテキスト処理で自動化できるからです。

業務の自動化の場合は、このシンプルな形に落としこめるかというところが、ポイントです。

AIの確率的な動作とPerlテキスト処理の確定的な動作

AI(学習機械)の利点は、あいまいな処理を解釈できることです。人間の目や耳のように、あいまいな入力に対して、それを自動的に実行できます。

でも、これは、AIの欠点そのものでもあります。

それは、あいまいな処理を無理やり、そのままの形で、自動化しようとしているからです。

出力が正しいかどうかは、確率的なものであり、その後の、チェックは欠かせません。

Perlテキスト処理の欠点は、あいまいな処理を解釈できないということです。

でも、これは、Perlテキスト処理の利点そのものでもあります。

データや操作をテキストで処理できる形に、シンプルにすれば、それをPerlテキスト処理で自動化できるからです。

テキスト処理のロジックは、アルゴリズムであるため、100%の正しい処理結果を出します。

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化、どれを選びますか?

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較をしてみました。

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化、どれを選びますか?

PHPとPerlはどうすみ分けるか?

PHPPerlはどうすみ分けるか?

住み分けができる場合は、競争よりも住み分けの方が望ましいと僕は考えている。

たとえば、GUICUIという特徴は、PHPの特徴とPerlの特徴を、きれいに分けてくれる。

初級者ユーザーが使いやすいGUIと、業務効率化に優れたCUI

また、Webサイト製作とWebシステム開発という住み分け。

仕事の開発のスタート地点をどこにするかという住み分け。

Perlは、Webサイト製作の分野で、PHPと戦うと、相手にならないので、

Webシステム開発という分野にずらすとか。

Webサーバーのリバースプロキシ運用が、最初から前提にあると、ある面、PerlPHPよりもWebシステム開発しやすいという側面もある。

ビジュアルプログラミングScratch(スクラッチ)とテキストプログラミングPerl(パール)はどう違う?

ビジュアルプログラミングScratch(スクラッチ)とテキストプログラミングPerl(パール)はどう違う?

Scratch Perl
見た目 アニメーション動かす 真っ黒な画面
用途 子供学習用 仕事での実務
できること アニメーションを動かす テキストを編集・置換する
Web実行 可能 可能PerlBanjo
実用性 学習用 仕事の実践でバリバリ使える

テキストというのは「今日は焼き肉を食べたいなぁ」というような文字の並びのことです。

Perlは、このようなテキストを処理するのが得意なプログラミング言語です。

プログラミングってゲームなの? そういう疑問がありますね。

実際は実務では、文字データの処理が、圧倒的に多く、この分野でPerlは、活躍しています。

サーバーサイドと呼ばれる、普段は目にしないところで、プログラムが動いているんですね。

厚切りジェイソンのEテレ教育番組「Why!?プログラミング」の後は、Perlゼミでプログラミングを実践してみよう

厚切りジェイソンEテレ教育番組「Why!?プログラミング」。

www.nhk.or.jp

プログラミングをなぜ使うのかという疑問を解決したら、次は、本物のプログラミングを体験してみませんか?

プログラミングを将来お仕事にしたい子供たちのために、Perlゼミが現役のエンジニアが運営するオンライン・プログラミングスクールを開始。

ゲーム以外のプログラミングって、どんななの? それが、知りたい。

school.perlzemi.com

Perlゼミ オンライン・プログラミングスクール - Webシステム開発者への最短距離

侍エンジニア塾には、Perlを学べるコースがないので、Perlゼミのオンライン・プログラミングスクールで

侍エンジニア塾には、2020年3月20日Perlを学べるコースがないようです。

www.sejuku.net


カリキュラムに利用する言語一例
Python / Wordpress / Ruby / React.js / PHP / Node.js / Java / Dart(Flutter) / C++ / C# / Swift / Xamarin / Kotlin / Unity
R / Microsoft Azure / Amazon Web Service / Heroku / Slack / Docker / Git / Jenkins / Travis CI / Vagrant / Vim / etc...

「パ、パールだけが存在しない!!!」

そんなときは、Perlゼミのオンライン・プログラミングスクールを活用しましょう。

school.perlzemi.com

Perlゼミ オンライン・プログラミングスクール - Webシステム開発者への最短距離

若い学生の方にPerlへの将来的な期待を持っていただくために、pythonが参画している分野に参画します。

若い学生の方にPerlへの将来的な期待を持っていただくために、pythonが参画している分野にPerlも参画します。

Perlが、世間から、非成長分野、衰退分野とみなされて、10年以上がたってしまいました。

実際には、Perlに泥をかぶせ続けた勢力に、一番の原因がありますが、Perl自身にも、多く課題はあります。

Perl自身は、過去の地位に甘んじて、外側にメッセージを発することを怠ってきました。

自分自身が、どのような存在なのかを、外の世界にメッセージすることを、捨ててしまいました。

また、流行ではなく、確かな技術や知識に基づきトレンドが続く期待がある分野に投資することを、やめてしまいました。

若い学生の方にPerlへの将来的な期待を持っていただくためには、メディアによる、ネガティブキャンペーンを封じつつ、Perl自身も、新しい分野に注目していく必要があると感じます。

Perlにも、現在のPerlユーザーにも、これから新しくPerlプロダクトに関わるエンジニアにも、成長が必要だからです。

そこで、わたくし、Perl戦士マケナイゾーは、以下の三つの分野に、参画することにいたしました。これは、pythonが参画している分野でもあります。

Perlで学ぶ分子生物学バイオインフォマティクス入門 高速処理対応

bio.perlzemi.com

Perlで学ぶデータサイエンス入門

datascience.perlzemi.com

Perlで学ぶディープラーニング入門

deeplearning.perlzemi.com

ライブラリ数ではとても追いつけないので、基礎と高速化手法を公開します

pythonには、この分野では、ライブラリ数ではとても追いつくことはできないので、基礎の解説と実用、高速化手法に展開する方法の解説をメインにします。

基礎、実用、データ構造、アルゴリズム、高速化に着目してテーマで書いていきますので、これらの学習にもってこいの内容ともなっています。

ライブラリは、これを読んでいく、研究者の型、起業家の型、エンジニアの方の発想にお任せしたいと思います。僕だけの力では、とても無理なのです。