パール木本のPerlテックブログ

世界的プロジェクトに携わるPerlプログラマー「パール木本」のテックブログ。書籍「業務に役立つPerl」,ユーチューバー, 木本システム代表取締役社長。

Mojoliciousでファイル拡張子からコンテントタイプを取得する

Mojoliciousでファイル拡張子からコンテントタイプを取得するには、typesからtypeを呼び出します。 my $content_type = $c->app->types->type($ext);ファイル拡張子に応じた、コンテントタイプが取得できるので便利です。

2019年6月15日 Perl入学式 東京 第三回 レポート

本日は雨模様。講義資料が少し変わったらしく。前回の復習と、正規表現のようです。最初の自己紹介で、直近の仕事で、正規表現を活用した例を話しました。正規表現で、日々の作業を楽にしていきましょう。四則演算の復習 13:20前回の復習です。簡単な四則演…

MojoliciousでLet's Encryptのサーバー証明書を取得

ルモーリンさんが、MojoliciousでLet's Encryptのサーバー証明書を取得という記事を書いておられた。Mojoliciousを一般ユーザーで運用するときに、役立ちそうなのでメモ。ホームページに記事を追加しました日本で唯一の記事を書けたと自負しております(こう…

Perlの公式ドキュメントperldocがスマートフォン対応の新しいデザインに

Perlの公式ドキュメントperldocがスマートフォン対応の新しいデザインになりました。5.30.0 Documentation - Perl Language2019年もPerlは、更新・メンテナンスされ続けていきます。

PerlテックブログはPerlゼミ はてな出張所に名称が変わりました

PerlテックブログはPerlゼミ はてな出張所に名称が変わりました。Perlゼミ はてな出張所では、Perlのイベント情報などを、書きこしていこうと思います。

テストページ

テストページ

ネイティブのディレクトリ構成を変えてみる - SPVM開発日記

SPVM言語自体は、仕様が完成に近づいてきた。まだまだ、仕様に未定の部分があるのが、C言語につなげるナイティブな部分。もう少しディレクトリ構成を簡単にできそう。デフォルトのincludeとlibのディレクトリ構成についても、もう少し考えないといけなさそう…

C言語は安全性ではなく完全にパフォーマンスをとる - SPVM開発日記

C言語の設計は、安全なことではなくって、完全にパフォーマンス。「もし、プログラマが、間違った引数を渡したら、セグフォールトしますよ。チェックなんてしません。パフォーマンスが落ちるので」という感じ。メモリセーフな言語は、セグフォールトを許さな…

C言語におけるポインタの引数をどう表現するか

SPVMには、ポインタというものはない。C言語のポインタ引数は、アドレスそのものなので、8bit整数でも、32bit整数でもよいし、配列の先頭を指しても、配列の中間を指してもよいし、なんでもできる。いくつかのアプローチがあるけれど、記述性やパフォーマン…

ファイル入出力のライブラリ - SPVM開発日記

ファイル入出力のライブラリを作成していきます。WindowsとLinux/Unixでソケット通信ができるようになるところが、目的地。

比較演算子の仕様を書いていこう - SPVM開発日記

比較演算子の仕様を書いていこう。

インターフェース型は、サブルーチン型に名称変更したい

インターフェースという名前は、複数の意味がある。一般的は、同じ関数名、引数、戻り値を持つものをインターフェースと呼ぶが、インターフェースという名前が、言語の機能そのものである場合もある。現在策定中のSPVMでは、インターフェース型は、サブルー…

仕様作成で根本的な誤りに気が付く - SPVM開発日記

SPVMの仕様書を書いているのですが、数値演算の仕様を書いているときに、根本的な勘違いに気が付く。それは、数値計算はJavaと同じ仕様にしようと思ったのですが、SPVMは、C言語のラッパーを目指しているので、C言語の仕様になるということ。たとえば、他の…

比較演算子の見直し - SPVM開発日記

比較演算子と論理演算子が戻り値を返せないのは、よくよく考えるとおかしいと思うようになってきた。 my $ret = 2 > 1; my $ret = 2 || 1; ができるようにしなくっちゃ。これは、大変やー。

数値計算の仕様を書いていく - SPVM開発日記

数値計算の仕様を書いていく。数値計算は、めっちゃ苦手な分野。ラウンドトリップとか、浮動小数点演算とか、仕様なのか処理系依存なのか、いろいろなことが、いまだによくわかっていない。