RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較です。

顧客にとっては、本当に業務を自動化して効率化できるかということは、大きな関心ごとです。

IT業界では、人手が足りなくなるという不安を利用して、業務効率化の手法が、声高に営業されています。

でも、その方法、本当にユーザー企業様の業務を自動化して効率化できるのでしょうか?

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較してみましょう。

RPAのGUIとPerテキスト処理のCUI

RPAの利点は、GUIを自動化できることです。画面操作を記録させて、それを自動的に実行できる。

でも、これは、RPAの欠点そのものでもあります。

それは、GUIという人間の目や手に対して最適化させたものの上に、自動化処理を、被せているからです。

Perlテキスト処理の欠点は、GUIではないということです。

でも、これは、Perlテキスト処理の利点そのものでもあります。

データや操作をテキストで処理できる形に、シンプルにして、それをPerlテキスト処理で自動化できるからです。

業務の自動化の場合は、このシンプルな形に落としこめるかというところが、ポイントです。

AIの確率的な動作とPerlテキスト処理の確定的な動作

AI(学習機械)の利点は、あいまいな処理を解釈できることです。人間の目や耳のように、あいまいな入力に対して、それを自動的に実行できます。

でも、これは、AIの欠点そのものでもあります。

それは、あいまいな処理を無理やり、そのままの形で、自動化しようとしているからです。

出力が正しいかどうかは、確率的なものであり、その後の、チェックは欠かせません。

Perlテキスト処理の欠点は、あいまいな処理を解釈できないということです。

でも、これは、Perlテキスト処理の利点そのものでもあります。

データや操作をテキストで処理できる形に、シンプルにすれば、それをPerlテキスト処理で自動化できるからです。

テキスト処理のロジックは、アルゴリズムであるため、100%の正しい処理結果を出します。

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化、どれを選びますか?

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化の比較をしてみました。

RPAとAIとPerlテキスト処理による業務自動化、どれを選びますか?