パール木本のPerlテックブログ

世界的プロジェクトに携わるPerlプログラマー「パール木本」のテックブログ。書籍「業務に役立つPerl」,ユーチューバー, 木本システム代表取締役社長。

やりきるということ

木本「やりきる。」

青年「やりきるとは?」

木「えーと、システム開発は、最後の調整が、めんどくさくなってくる。」

青「全体的にできたーと思っても、その最後が、かなり大変ということ?」

木「そうそう、ダビデ像があるよね。レオナルドダビンチは、最後に手をいれるのだけれど、そこが細かいみたいな」

青「(例えが、わかりやすいような、わかりにくいような)」

木「バグも、結構残ってたり、するしねぇ」

青「細かなバグあり、細部の残りが多いと」

木「でも、やり続けると、減っていくの。だから、やりきるということ。」

青「あきらめないこと、これ大事なんですね」