C++とPerlの可読性の最低ランキング対決に決着をつける

「ワイ、python。可読性、ダントツで最高言語、高みの見物。だれが書いても同じになる。numpyと内包表記の連続コンビネーション、あたたたたた。」

PHPの文法ひどいな。でも、PerlをみるとPHPの文法がマシに見えてくる。」

C++Perlのどっちが読みにくいかって。そんなの、Perlがダントツで最低に決まってるだろ!!!」

「ゴメンネ、ゴメンネ、Perl可読性最低で、ごめんね、おわびに、カンマ区切りファイルを、タブ区切りに変換するコード「test.pl」を書いてみるよ。」

use strict;
use warnings;

# 一行づつ読み込み
while (my $line = <>) {
  # 改行削除
  chomp $line;

  # カンマ区切り行を配列へ
  my @items = split(',', $line);

  # 配列からタブ区切りへ
  my $new_line = join("\t", @itmes);

  # 出力
  print "$new_line\n";
}

実行します。

perl test.pl input.csv > output.tsv

「ゴメンネ、ごめんね、ほんと、最低で、読めないよね。1分で書いたコードだもんね。」

「ところで、話は変わりますけど、Pythonさん、セイウチ演算 := を含む、たくさんの新文法の導入、おめでとうございます!!!」